妊娠中の脱毛はダメなのか大丈夫なのか?

 

暑くなると気になってくるのがムダ毛ですが、エステでの脱毛を長期契約している期間中に妊娠が発覚したという女性も少なくはありません。ここで気になるのが妊娠中の女性の脱毛に関する問題です。
脱毛は妊娠中はダメ?大丈夫?いったいどちらなのでしょうか。

 

ダメの理由は体毛が生える意味からきている

脱毛は妊娠中はダメ?大丈夫?

調べてみると「ダメ」という人も「大丈夫」という人もいて、意見が分かれています。
妊娠中は特にお腹が大きくなるとともに、おなかの毛が濃くなったという女性が増えています。あまりの濃さに脱毛したいと考える方も少なくはありません。
ここで妊娠中の脱毛はダメと言っている意見の多くが「体毛は身体を守る役割を持っている」ということを挙げており、大きくなったお腹を守るための毛なのだから脱毛なんてもってのほかだと考えているようです。

 

妊娠中は脱毛の効果があらわれにくい

妊娠中はホルモンバランスが乱れることによって毛量が増えてしまうことがあります。そのために脱毛の施術をしても意味がなく、あまり効果があらわれないといわれているようです。脱毛しても大丈夫ですが効果があらわれにくいために、エステサロンなどでは妊娠中の脱毛を断っていて、そのことが「妊娠中はダメ」という考えにつながってきているようです。

 

脱毛そのものに危険はないので大丈夫ですが、肌が敏感になっていたりする場合もあるので、あまり好ましくないと考えたほうが良さそうです。どうしても脱毛したいと考えているのでしたら、サロンに相談してみたり、産婦人科の主治医などに相談して確認を取ってからにした方が安全です。

 

妊娠中の脱毛は危険?胎児に影響は?

 

妊娠中の脱毛は危険だと思われている方が多くいらっしゃいます。危険だという理由の中には、胎児に影響があるのではないかと考えている人が多いように見受けられます。

 

脱毛そのものは胎児に影響ありません

一般的な脱毛方法というとレーザー治療やフラッシュ治療だと思います。さまざまな脱毛方法がありますが、実際には妊娠中の脱毛そのものは胎児に影響はないと考えられているので、その点は安心です。ただ、妊娠中にはホルモンバランスが乱れることによっておこる精神的に不安定なことから、エステサロンなどで脱毛したことによっておこるクレームやトラブルが通常よりも多いということもあり、妊娠中の脱毛は断っていることが多いそうです。

 

脱毛による痛みで切迫早産や陣痛が起きる危険がある

脱毛による痛みで切迫早産や陣痛が起きる危険がある

妊娠中は精神的に不安定なこともありますが、肌も敏感になっています。
敏感になった肌が今まで感じなかった痛みを感じることもあるため、妊娠中に脱毛すると通常よりも刺激を受けてしまってトラブルが起きる危険性があるのです。思ったよりも刺激を受けやすく、肌がヤケドしてしまう危険性もあります。

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛はあまり痛みを伴わない脱毛方法として人気ですが、まったく痛みを感じないわけではありません。
脱毛時に痛みを感じたことによって子宮が収縮してしまう危険性があり、切迫早産や陣痛を引き起こしてしまう可能性もあるため、妊娠中の脱毛はリスクを伴うことがわかりました。

 

妊娠中は時間がある。産後のことを考えて今のうちに脱毛をしたい

妊娠中の顔脱毛はあきらめましょう

妊娠中は意外と時間があるもので、妊娠を期に仕事を辞めたり休職された女性にとっては特に自由な時間を持て余す人が多いようです。子供が生まれてからだと、思うように自分の時間が取れない日々が続きます。

 

そう考えると、出産前にできることをやっておきたいと考えるのは当たり前のこと。脱毛も同じで、赤ちゃんが生まれたら脱毛に通うことができなくなるので、時間のある妊娠中にこそ通いたいと思うのではないでしょうか。

 

子供が生まれると育児疲れによって「老けた」「やつれた」などと言われることが多くなります。眉毛やウブ毛などは、手入れをしないと大変なことになってしまいます。
出産後は自分で顔のお手入れをする時間も取れなくなるでしょう。少しでも綺麗を長続きさせるため、手入れを簡単にするために出産前に顔脱毛を済ませておきたいのでは?

 

妊娠中の顔脱毛はあきらめましょう

残念ながら妊娠中の顔脱毛はエステサロンではおこなえません。脱毛に直接の危険性はなくても、肌がデリケートになる妊娠中にはどんなトラブルが起きるか予想がつきません。
そのため、少しでも負担になってしまいかねない顔脱毛は断るケースがほとんどなのです。とくに顔はかくして歩くことができない場所でもあるくらいに大切な場所です。妊娠中の顔脱毛は残念ですがあきらめたほうが良さそうです。